party_title_0714.png

flyer_20190714_500.jpg


logo_cocalero.pnglogo_tenga.png

ph_part2style2017.jpgph_baku2017.jpgph_kan.jpg
PART2STYLE SOUND, DJ BAKU (KAIKOO), 漢 a.k.a GAMI

7/14(sun)
“HARLEM SHAKE supported by Cocalero”
LIVE: 漢 a.k.a. GAMI, DOGMA, MARIA, JUBEE (Creative Drug Store)
LIVE PAINT: TABOO1
DJ: PART2STYLE SOUND, BAKU (KAIKOO), FUJI TRILL, HIJIRI-X, KANTA, HAYAMI, DAICHI
MC: ZAI
VJ: MIW
OPEN. 22:00 ¥3,000/1D

ヨーロッパのサウンドシステム・カルチャーを席巻する日本のベースミュージック・ユニット、PART2STYLE SOUNDと、ヒップホップのみならずベース〜ダンス・ミュージック界で世界的に活躍するトラックメイカー/ターンテーブリストのDJ BAKUの2組が軸となるパーティー「HARLEM SHAKE」が、7月14日(祝前日)渋谷HARLEMにて開催される。
今回はHARLEM SHAKEではお馴染みの漢 a.k.a GAMI、SIMI LABのMARIAをはじめ,先日発売されたEPも好評なDOGMAやJUBEE、ライブペイントではTABOO1と豪華ラインナップが出揃った。
さらに今回の目玉企画としてDOGMAの『?????』のHARLEM SHAKE GRIME Remixも初披露され、来場者は無料DLパスワードをゲット出来るという特典付き。
ドリンクではシグネチャーカクテルとしてCocaleroとTENGAエナジードリンクによるスペシャルカクテルも用意される予定だ。
USで生まれたヒップホップ、ジャマイカ産のレゲエ、そしてUK発のダブステップやグライムといった点を、ベース・ミュージックという線で結び、全く新しいビートと新感覚の低音振動でダンスフロアを揺さぶる唯一無二のパーティーになることだろう。


party_title_0714_bx.png

flyer_20190714_bx_500.jpg

BX CAFE
MAKI THE MAGIC TRIBUTE PARTY "MAGIC FOREVER”

SUPPORTED BY:
CQ, ILLICIT TSUBOI, DJ TAIKI, MAGARA, DJ JIN (RHYMESTER), DJ HAZIME, CICCIO, KASHI DA HANDSOME, DJ YUKIJIRUSHI, T.SEKI, DJ SAFARI, DABO, DJ KAN (韻踏合組合), DJ ITSUKI, CANSER graphix
AND ALL HIS LONGTIME FRIENDS.
OPEN.22:00 ¥3,000/1D

HARLEM MONTHLY MAGAZINE 掲載 MAKI THE MAGIC COLUMN “諸行無常の響きあり

<画像クリックで拡大表示>

2007.01
2007.01.jpg

2007.02
2007.02.jpg

2007.03
2007.03.jpg

2007.04
2007.04.jpg

2007.05
2007.05.jpg

2007.06
2007.06.jpg

2007.07
2007.07.jpg

2007.09
2007.09.jpg

2007.10
2007.10.jpg

2007.011
2007.11.jpg

2007.012
2007.12.jpg

MAKI THE MAGIC (1967-2013) Profile
Hip Hopに限らずR&B、やガレージ、クラッシック、ハウス他豊富な音楽経験を活かした引き出しの多いDJ PLAYを駆使して80年後半から活動を開始。TOLOSから始まり、GOLD, CAVE, HARLEM, AGEHAなど都内の主な場所でDJをプレイ。またラジオのMIX SHOWなどでも幅広く活躍しM、AGIC SOUND WORKSとして多数のMIXものを制作しており、高い評価と高セールスを得ている。そのスタイルは正に孤高、唯我独尊。
1994年よりMICROPHONE PAGER “病む街“ を初めとし ”MAKI&TAIKI / ON THE 1+2”, ”YOU THE ROCK / FREE” などプロデュース活動を始める。日本のHip Hopの基盤を築いた名作において重要な役割を担うと共に、”山仁 / DEMOCASE“、PRAIMAL /SAHDOW, ”MSC / 矛盾”, ”RHYMESTER / Come On!!!!!!!!” など数多くのトラックを手がけた。
ラッパーとしては、Buddha BrandのCQと1988年から“キエるマキュウ”を結成。4枚のアルバムをリリースし死後、彼の偉大なる功績を称え2枚のベストアルバム、1枚のトリビュートアルバムが発売された。キエるマキュウとして、そして個人としても日本の数多くのラッパーの作品に名を残し今でも色褪せる事ない名曲群として輝きを放っている。

ph_makithemagic.jpg